二重整形の費用を知ろう【憧れのくっきり二重を手に入れる】

ウーマン
  1. ホーム
  2. ダウンタイムは起こる?

ダウンタイムは起こる?

女性

ダウンタイムの症状

二重整形は、ダウンタイムの症状が起こります。埋没法であれば、すぐに症状がひきますが、切開法の場合メスを使っているので腫れや赤みがしばらく続くことがあります。どうして簡単な施術なのにダウンタイムが起こるのかといえば、まぶたの皮膚はとても薄くて刺激に弱いからです。例えば、目がかゆくて手でかいてしまった時にすぐ赤くはれてしまうことがあるでしょう。これは、まぶたの皮膚が薄いので手で擦ったことで刺激されて、皮膚が軽い炎症を起こしている状態になります。手で皮膚を擦っただけでも、赤く腫れる症状が起こるので、メスでまぶたを切開したら必然的にダウンタイムの症状が起こるのを予想できるでしょう。しかし、二重整形を行なった後は、ダウンタイムの症状を長引かせないように炎症を抑える塗り薬を処方してもらえます。これでしっかりとケアすれば、早く症状を抑えることができ、憧れのパッチリとした目元を確認できるようになります。
もし、処方された塗り薬を塗っていても二重整形のダウンタイムが治まらないのなら、菌が侵入して感染症が起こっている可能性があります。そのまま放置すると化膿してもっと症状が悪化するので、早めに病院へ行って処置してもらいましょう。ダウンタイムの処置にかかる費用は、アフターケア代として二重整形の費用に含まれていることが多いです。ですから、異常が起こったら特に費用の心配はせずにすぐクリニックへ行くことをおすすめします。しかし、クリニックによってはアフターケアの費用が含まれていないことがあります。万が一のことを考えて、費用に関しては二重整形の施術を受ける前に確認しておいたほうがいいでしょう。